なおい最中・はだかせんべい

なおい最中

 登録商標「なおい最中」は、昭和10年の創業以来変わらず厳選された「丹羽春日大納言」を使用しております。
 国府宮はだか祭にはなくてはならない稲沢銘菓でございます。
 このなおい最中、国府宮神社の御神宝である大鳴鈴を元にデザインされております。


     御神宝 大鳴鈴

 

 

 

はだかせんべい

 登録商標「はだかせんべい」は、国府宮はだか祭にちなんだ6種のせんべいと、稲沢市のいなっピーを描いた1種のせんべいでできております。
 計7枚のうち5枚を組み合わせて箱詰めしてあります。
 ふ焼きのせんべいの表面には、なおいの酒粕入りの蜜を塗って仕上げました。
 ふんわりした食感と鼻に抜ける酒粕の風味をお楽しみ下さい。

 

 

 

「はだか祭り」とは

稲沢市は尾張大国霊神社(国府宮神社)の儺追神事(はだか祭り)が有名です。
毎年旧暦正月13日に行われるこのお祭りは地元の人々に愛され、
また地元だけでなく毎年海外からも参加者や見学者が集まります。


尾張大国霊神社(国府宮神社)


儺追神事(はだか祭り)

 

 

 

詳しくは下記をご覧ください。
稲沢市ホームページ|国府宮はだか祭
尾張大國霊神社ホームページ

 

 

 

商標登録証

当店では、「なおい最中」「はだかせんべい」商標登録しております。


なおい最中


はだかせんべい